安全で快適な電動自転車の選び方〜子供乗せ自転車、電動自転車ランキング〜

購入時のチェックポイント・選び方、子供の安全な乗せ方を紹介します。

★人気の子供乗せ自転車★

人気 第1位
アンジェリーノ アシスタ
アンジェリーノ アシスタ(AGA263)

2008年モデル。今一番新しいアンジェリーノ。断トツの1番人気!
安全重心バランス設計です

アンジェリーノ アシスタの詳細

人気 第2位
PAS リトルモア
PAS リトルモア(PC26)

お子様と安心して乗れます。
ふらつきが少ない専用設計

PAS リトルモアの詳細

人気 第3位
リチウムビビ・チャイルド
リチウムビビ・チャイルド(BE-EPM63)

バッテリー容量やアシストパワーなどの
電動性能面で他商品を圧倒

リチウムビビ・チャイルの詳細

人気 第4位
ビビ・マミーポケット
ビビ・マミーポケット(BE-EHSM63)

リーズナブルな子供乗せ
軽くてサビに強いアルミフレーム仕様

ビビ・マミーポケットの詳細

電動自転車とは

モーターにより人力を補助する自転車です。充電式の電池とモーターの力で、ペダルが軽く感じるように補助してくれる機能がついています。つまり、見た目は普通の自転車とはほとんど同じで、バッテリーが付いています。

電動自転車のバッテリー

電動自転車にはバッテリーが付いています。バッテリーを充電して装着しないと電動自転車はアシストしてくれません。バッテリーについての正しい知識を持って、電動自転車を有効活用しましょう!

 



電動自転車のバッテリーとは

  • 電気自動車のバッテリーの種類
  • 後述しますが、電気自動車のバッテリーには「ニッケル水素バッテリー」「リチウムイオンバッテリー」があります。

  • 電気自転車の充電一回にかかる電気代
  • 電気を使って充電するので、電気代はかかります。ただ、1回の充電でたったの5〜10円程度の電気代がかかるだけです。大容量バッテリーに関しては10円と考えても良いでしょう。

  • 電気自動車のバッテリーの寿命
  • バッテリーは消耗品のため寿命があります。大体の目安で一般的に3000〜4000回ほど充電を繰り返すと、だんだん充電量が減り走行することが難しくなってきます。だいたい、2年くらいと考えてよさそうですね。

  • 電気自動車のバッテリーの処分方法
  • ゴミとして出さずに、購入した店か正規の処分方法により処理しましょう。

ニッケル水素バッテリーの特徴

低価格帯の電動自転車に多いバッテリーです。

ただし、使用方法で少々問題があるようです。 それは、使い切ってからの充電をしないと、充電できる最高容量が減ってくるのです。これはメモリー効果と呼ばれており、どんどん容量が減ってしまう特徴があります。これを回避するためには、使い切ってからの充電の他に、リフレッシュ機能を使ってメモリー効果を取り除ける場合もあります。

また、電動自転車を使わないでいるとだんだんバッテリーの量が減ってくるので、たまに乗る人にとってはあまり「ニッケル水素バッテリー」はおすすめできないかもしれません。

リチウムイオンバッテリーの特徴

「リチウムイオンバッテリー」は、使い勝手もバッテリーの持ちが良いので、やや価格が高めの電動自転車に採用されています。「ニッケル水素バッテリー」とは異なり、継ぎ足し充電ができるので、使い切らないで充電しても容量が減ることはありません。

また、「リチウムイオンバッテリー」は、コンパクトで軽量なので、ただでさえ重たい電動自転車を少しでも軽くしてくれるメリットもあるようです。

電動自転車のおすすめバッテリー

「ニッケル水素バッテリー」「リチウムイオンバッテリー」ではどちらがお得なのでしょうか。

予算があるようでしたら、継ぎ足し充電ができる「リチウムイオンバッテリー」をお選びください。「ニッケル水素バッテリー」の場合は、ほぼ使い切ってからの充電なので使い勝手が少々難しいということになりますが、メモリー対策として自動リフレッシュ機能がついているので特に問題になるようなことは無いと思います。基本的にはご予算で選ぶのが良いかと思います。



このページの一番上へ

「電動自転車の選び方」のトップページへ



最終更新日: 2015年04月06日
   
| リンクについて | 運営団体 | 免責事項 | サイトマップ |